鶴見大学短期大学部専攻科の紹介

【修了生に聞く】




保育専攻

一種免許を取れることと、もっと掘り下げて学びたいという気持ちから専攻科に進みました。専攻科では学生主体の授業が多く、一つのテーマで議論しても多様な意見を聞くことができました。専攻科で実習と研究を重なることで引き出しが増え、自分の保育観ができていく実感がありました。




福祉専攻

保育士、幼稚園教諭二種免許状以外の資格も取れるので、入学する前から専攻科に進むことを決めていました。保育科の実習で特養ホームなどに行くと、考えていた以上に介護福祉士が必要とされていることがわかりました。専攻科のいいところは介護の現場でないと身につかないような技術を学べることです。



■ 専攻科でさらなる資格取得の可能性

 

■ 短期大学部終了後、さらに勉強を続けたい学生のために、本学では専攻科が設置されています。専攻科には、「保育専攻」と「福祉専攻」があります。

※専攻科 保育専攻(1年間)

専攻科保育専攻では、保育実践についての考察、研究できる保育者、よりよい実践ができる保育者の育成を行っています。資格も実力も今まで以上をめざす学生が、少人数できめ細かな指導のもと、じっくりと中身の濃い勉強をすることができるようになっています。少人数による学習では、自分の意見を述べたり人の意見を聞いたりする能力が高まり、自ら選んだテーマに沿った実習では、内容の濃い実習ができ、研究テーマをもつことで、これに関しては他の人には負けないという専門分野ができます。
さらに、四年制大学より、学費が70万~80万円程度安く、学士(大学卒業と同等の資格)・幼稚園教諭一種免許状の取得が可能な途が開けています。

実習発表会にむけてみんなで練習

 

※専攻科 福祉専攻(1年間)

専攻科福祉専攻は、短期大学等において保育士資格を有する人々に対して、通常なら2年以上の教育が必要なところ、1年で所定の単位を修得した学生に「介護福祉士」の登録資格を与える課程です。保育士と介護福祉士の両方の資格をもっていると、子どもから高齢者まで幅広くケアすることができ、保育園はもとより障害児・者、高齢者施設など全国さまざまな福祉施設で働くことが可能になります。

            

実習に向けた演習

総合大学の短期大学部だからこそできる専攻科と大学との組み合わせによる資格取得など、鶴見大学短期大学部保育科には魅力がいっぱいです。四年制大学よりも少ない学費で学士(四年生大学卒業と同等)の資格が取得できる可能性もあるのです。

 

 

 

2018年3月

本学専攻科福祉専攻

介護福祉士国家試験

合格者

15人/16人

94%

全国平均88%