INTRODUCTION

来たる10月21日(土)、22日(日)に鶴見大学で開催される紫雲祭も今年で53回目を迎えます。 今年度の鶴見大学紫雲祭テーマは『笑嬉到来(しょうきとうらい)』です。このテーマの後半の、「到来」には①時期や機運の来ること。②他からの贈り物が届くこと、またそのもの。という意味があります。来場者の皆様や参加団体の皆様はもちろん、私達実行委員や大学関係者の方々、紫雲祭に関わる全ての皆様が互いに「笑顔」や「嬉しいという温かい気持ち」を贈りあって頂きたいという、実行委員一同の想いが込められたものになっています。 また、我々紫雲祭の実行委員は、学生、地域の方々、全ての来場者が行きたくなるような大学祭を作ろう。そして来場者の皆様に楽しんでいただこう、という目標を持って活動しております。
紫雲祭実行委員一同、皆様のご来場を心からお待ちしております。
今年はお休みしていた「お化け屋敷」を復活させるべく、委員みんなで準備を進めております。他にも子どもたちに人気の縁日、掘り出しのものがきっと見つかるフリーマーケット、選挙で使われる本物の機材で投票することのできるポスターコンテスト、部活動・同好会・有志団体による展示、発表、屋台の出店などもありますのでそちらもお楽しみに…!
 今年度の紫雲祭に関する詳しい情報は、鶴見大学紫雲祭実行委員会公式 Twitterアカウント @shiun_tsurumi でも随時更新しておりますので、そちらもあわせてご覧ください。

紫雲祭について

INFORMATION

Twitter

協賛企業

紫雲祭はたくさんの企業様にご協賛を頂いております。

協賛企業様一覧