Graffiti of Dental Technology

Vol.54 :難しい熱可塑性レジン(エステショット)の研磨
(義歯床と人工歯の境界部の汚れを防ぐには)

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

はじめに
 近年,ノンクラスプデンチャーと言われる熱可塑性レジンによる義歯が普及してきている. 材質は,ポリエステル系,ポリアミド系,ウレタン系などの軟質素材である.これらは,従来のアクリリックレジンに比べて軟質素材であるため「ねばり」があり研磨が難しいように思われる.
そこで今回は,エステショット(アイキャスト)を用いた義歯床の研磨と,人工歯との境界部の処理についてステップを追いながらポイントや注意点を紹介する.



人工歯と義歯床の境界部の形態
 人工歯と義歯床の境界部に食渣の残留と,着色が見られる.その原因は異種材料の境界部が移行的に,かつ滑沢に仕上げられないからである.  射出成形された熱可塑性レジンは人工歯と化学的に接着しない.陶歯使用時と同様の歯肉形成を行い,研磨しやすく汚れにくい形態に仕上げることが重要である.
人工歯と義歯床の境界部の形態修正と粗研磨

 黄色の矢印のように射出成形時のバリをダイヤモンドディスク(プロビマスターダイヤ 松風)で取り除く.シリコーンディスクなどは研磨材が境界部に入り込んでしまうため使用を避ける.

 通常のアクリリックレジンとは異なり,「ねばり」のある材質なので,シリコーンポイントは避け,ペーパーコーンによる粗研磨を行う.
レーズによる硬毛ブラシ砂研磨と軟毛ブラシ仕上げ研磨

 低速でレジンの形態を損ねないように傷がなくなるまで丹念に研磨をする.また,義歯床から人工歯へと,研磨材(砂)が境界部に入らないよう回転方向に注意する.

 熱可塑性レジンの維持部(アーム部)を,爪などで支えながら変形しないように注意する.

硬毛ブラシによる砂研磨終了後,綿バフによる砂研磨を行う.人工歯のカラー部を覆う義歯床用レジンの厚みが適切で人工歯と研磨面とが移行している.

 仕上げ研磨には,高速回転で軟毛ブラシに仕上げ用研磨材(ニューポリアップ.モリムラ)を十分に使用し,ブラシの圧力を少し強めに行うとよい.

 仕上げ研磨が終了した人工歯と熱可塑性レジンの境界部.バフ仕上げを行わなくても良好な研磨面を得ることが出来る. 接着していない人工歯と義歯床の境界部のすき間には汚れの侵入防止のため,表面滑沢硬化材(ナノコートクリア.ジーシー)を施す.

装着後3か月のポリアミド系ノンクラスプデンチャー.人工歯と義歯床の間隙に侵入した汚れや着色は再研磨を行っても取り除くことができない.

口腔内に装着された熱可塑性レジン床義歯(ミラー像)
口腔内装着一ヶ月後の状態
装着後一カ月経過した義歯の染め出し.研磨面に食塊による傷が見られる.また,人工歯と義歯床との境界部に汚れの停滞は見られるが,侵入は見られない. 右側維持部(アーム部)上縁の維持力調整部位と歯間乳頭部の凹面に汚れの停滞が見られる.これらの汚れは,義歯用ブラシと洗浄材の適切な使用により取り除くことが出来る
チェアーサイドでも出来る研磨法
チェヤーサイドで義歯床の辺縁部や基底面を調整した後の研磨はアクリリックレジン床と同様の方法で研磨することは難しいため,シリコンポイント等を用いて部分的に傷をとる. エステショット専用の固形研磨材エステシャインをロビンソンブラシNO.9softを用いて研磨圧を強めに傷をとる.次に布バフで研磨圧を弱めて研磨を行うと滑沢な面が得られる.
      商品名    メーカー        価格

プロビマスターダイヤ

松風
3,800円
ニューポリアップ
モリムラ
3,300円/300g

ナノコートカラー(クリアー)

ジーシー
4,200円/5ml
エステシャイン
アイキャスト
3,000円/130g

 


おわりに
 今回は,義歯床用熱可塑性レジン(エステショット)の研磨と人工歯と義歯床の境界部の処理について報告した.PET共重合体という性質上,軟質で研磨が困難でありましたが,ちょっとした工夫で従来のアクリリックレジンの研磨術式と同様の器材や術式で研磨できることが確認できた.専用の固形艶出し研磨材なども市販されているが,熱による変形を防ぐため,湿式研磨が最良と考え本法を紹介した.また,人工歯と義歯床の境界部に表面滑沢硬化剤(ナノコート)を試みましたが,観察期間も短いために注意深く経過を見ていくことが重要だと考えています.また,チェアーサイドでの研磨も重要なため簡便法を紹介した.皆様の日々の臨床技工に役立てていただければ幸いです.

参考文献 
前田祥博 水野行博:月刊 歯科技工 医歯薬出版,VOL.24 NO.10 1996 1286〜1295.
水野行博 前田祥博: 歯科技工 別冊 臨床で生きる研磨のすべて,「レジン床の研磨」 医歯薬出版, 2002106〜109.



Presented byY.Maeda(歯科技工研修科 前田 祥博)


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→