Graffiti of Dental Technology

Vol.49 : 間接法による金属製ポスト併用レジン築造の製作

     〜金属製ポストの選択と接着処理について〜

 

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

はじめに
 金属製ポストを併用したレジン築造を製作する際、金属製ポストにコア用レジンが確実にコーティングされていないことがある。その原因として、@金属製ポストのサイズ(太さ)の選択の誤りとA金属製ポストの接着処理が不完全であること、などがある。金属製ポストを選択する際に口腔内接着用のコア用レジンや接着性レジンセメントのスペースを充分考慮しなかった結果である。さらに、金属製ポストの表面に汚れが付着していたり、アルミナサンドブラスト処理がされていると勘違いして作業を進めてしまう場合も多いようである。



金属製ポストが露出したレジン築造を観察する

図1.光重合後、作業用模型から撤去した金属製ポスト併用レジン築造。金属製ポストの先端部周辺が露出し、コーティングされたコア用レジンがリリーフワックスを巻き込んでいる。

図2.スチーム洗浄をしてみると、コア用レジンに取り込まれたリリーフワックスや分離材(ワセリン)が除去されムラになったコーティングレジンが認められた。金属製ポストとの接着も不良である。
さのポストの選択と接着処理によって金属製ポスト表面はコア用レジンで確実にコーティングされている。 図14.完成した金属製ポスト併用レジン築造体。適切な太

Presented byT.Murata(歯科技工研修科 邑田 歳幸)

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


本の購入はこちら 医歯薬出版


←BACK    △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→