Graffiti of Dental Technology

Vol.36 :チッピングしない私のマージントリミング法

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

はじめに
 支台歯模型のマージンラインは、周囲の歯肉をトリミングするだけで明瞭に確認できることが理想である。しかし、日常臨床ではマージンラインが明確なものから支台歯周囲の歯肉圧排が不十分で不明瞭なものまである。このような場合、不用意にマージントリミングを行えばマージンラインのチッピングという重大な問題が生じる。
 そこで今回は、筆者が行っているマージンラインのチッピングを防ぐトリミング法を紹介したいと思う。



チッピングを防ぐには
1. 石膏硬化材を塗布する

石膏表面硬化処理材(アルファコート)を塗布すると、石膏のチッピングを抑えることができる。


左 石膏表面硬化処理材 塗布なし
右 同 硬化処理材 塗布済み 
矢印部に石膏のチッピングが認められる。(同一条件で削ったもの)



Presented by K.Ihara (歯科技工研修科 伊原 啓祐)

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


本の購入はこちら 医歯薬出版


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→