Graffiti of Dental Technology

Vol.35: 磁性アタッチメントを使用した義歯のリラインと
メタルハウジングの再取り付けについて

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

はじめに
 磁性アタッチメントを使用した義歯へのメタルハウジングの取り付けについて、Vol.9に紹介した。このような義歯に不適合が生じた場合、キーパーと磁石構造体の位置関係にも変化が及ぶ。その際、義歯のリラインを行い再適合を図った後、メタルハウジングの再取り付けを行いキーパーと磁石構造体の位置関係を適正に保たなければならない。今回はメタルハウジングを使用した義歯のリラインとメタルハウジングの再取り付けの術式と注意点を紹介する。



 

メタルハウジングの撤去

 磁石構造体の損傷は無く、再使用が可能である。 リラインされた義歯に再取り付けされたメタルハウジング。

Presented by M.Yoshihiro(歯科技工研修科 前田祥博)

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


本の購入はこちら 医歯薬出版


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→