Graffiti of Dental Technology

Vol.34 : ポストのパターン採得攻略法

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

はじめに
 『どつぼにはまる』という言葉がある。メタルコアの製作では、ポストのパターンが折れたり,抜けなかったり,気泡が入ったりと何もかもうまく行かず投げ出したくなるような時がある。まさに、この言葉がぴったりと当てはまる。
マイナーな仕事は、失敗すると仕事のリズムが狂い出だす、仕事の流れを止めないためにも確実な仕事をする必要がある。 今回は、この技工操作をスムースに、しかも確実に行うための技工のポイントを紹介する。



よくある、ポストのパターン採得 トラブル

トラブル1.パターンに空洞がある。
トラブル2.パターンが折れる。

 トラブル3. パターンの先端や内部に気泡がある。

*完成したWAXパターン
*ポストを折らずにパターン採得することができる。*ポストが細い場合には、先端の1/3をパラフィンWAX、残りの2/3を flexi-Dip WAXを用いるなど、バランスを変えるとよい。

Presented byM.Ichikawa(歯科技工研修科 市川正幸)

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


本の購入はこちら 医歯薬出版


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→