Graffiti of Dental Technology

Vol.32: 精度がよく破損しないレーザー溶接のポイント

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

はじめに
 レーザー溶接の特長は、義歯を数時間預かる間に鑞着法では不可能と思われるような金属床義歯の修理や改造が可能になることである。今回は、歯科技工研修科で行なわれている義歯修理や改造の実際をご覧戴いただき、変形の少ないレーザー溶接のポイントについて紹介したいと思う。
 一方、レーザー溶接の欠点は、レーザー溶接機が日本の補綴臨床に導入され早くも13年経過したが、今だに普及率が低いことである(日本の歯科技工所に導入されている数、推定350台)。このため金属床義歯を修理、改造しようとする時、義歯を数日預かりレーザー溶接技術を持ったラボに外注しなければならない。そこで、後半では金属床義歯を取込み印象し、数日預かって修理する場合のポイントについても紹介する。



1.使用中の金属床義歯の増歯を即日で行った症例
 76|4567欠損の金属床義歯にレーザー溶接による21|12の即時追加修理を行う。

 接合面が正確に再現された作業模型上で増歯用金属フレームを製作し適合させる(ポイント1)。 印象採得の前に、レーザー溶接に必要な0.5mm以上の厚さを確保するために義歯辺縁を削合する(ポイント2)  即日でレーザー修理を行うために増歯用金属フレームにあらかじめ人工歯を排列し、重合研磨しておく。フレームの3本のストッパーにより義歯と増歯用フレームを正確に組み合わせることができる。
 接合部に開先を形成し、光が通過する間隙がないことを確認する(ポイント3)。貫通溶接で正確に固定する(ポイント4)。接合部の開先の精度はレーザー溶接の変形や溶接部位のクラックの大きな要因である。  固定された接合部にフィラーメタルの盛り上げを行った。盛り上げる部位は対称的に、量は等量ずつ慎重に進める(ポイント5)。抜歯後直ちに審美性を回復することができ患者の満足が得られた。


Presented byN.Kawamura(歯科技工研修科 河村 昇)

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


本の購入はこちら 医歯薬出版


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→