Graffiti of Dental Technology


Vol.29 : 使用中の金属構造義歯の連続切縁レストに適合させる硬質レジンジャケットクラウンの製作

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

はじめに
 金属構造義歯やアタッチメント、テレスコープなどを支台装置とした金属床義歯は複雑な構造を有し、その上高い精度で顎口腔系と調和してる。また剛性が高く破損しずらいことや咬合を長期にわたり保持できることなどから長く使い続けられる症例が多く、義歯に対する患者の思い入れも大きい。したがって義歯装着後に支台歯に歯冠修復の必要が生じたからといって義歯を再製作することは患者は勿論、術者にとっても物理的、経済的に大きな負担になる。このような症例では使用中の義歯はそのままに、義歯に正確に適合する歯冠修復を行うことができれば患者の負担を軽減することが期待できる。今回は可動式コアー調整法*を応用し、使用中の金属構造義歯の連続切縁レストに適合させる硬質レジンジャケットクラウンの製作術式を紹介する。


 装着後3年経過した金属構造義歯。調整を繰り返し、良好に使用されている。
上顎右側中切歯の歯冠修復が必要となったため、今回は使用中の義歯はそのままに、連続切縁レストに正確に適合するように歯冠修復行うこととなった。


 完成した硬質レジンジャケットクラウン。連続切縁レストとの正確な適合を目標に、本術式を用いたことにより切縁や切縁隅角部の形態を正確に再現することができた。  フィットチェッカーにて適合を確認後、調整することなく装着された。義歯は以前と同様の安定が得られている。

Presented byT.Matsumoto(歯科技工研修科 松本敏光)

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


本の購入はこちら 医歯薬出版


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→