Graffiti of Dental Technology


Vol.26:義歯床の辺縁形態について

Part2 下顎前歯部レジンアップ部の義歯床辺縁形態を考える

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

はじめに
 Part1では、残存歯に隣接する義歯床辺縁形態の調整法を紹介したが、今回は下顎前歯部のレジンアップ部の義歯床辺縁形態の調整法について報告したいと思います。

 

義歯のレジンアップ部の辺縁形態の観察

例1 辺縁形態が残存歯に対して移行的になっていないため異物感があると思われる。

例2 残存歯の舌側面形態や歯間乳頭部の形態が再現されていない。

 

石膏模型から残存歯舌側面に移行する義歯床形態を考える
 前歯部舌側面に対して移行していないレジンアップ部の辺縁形態。舌感の悪さや食物の停滞の大きな要因である。  前歯部舌側面に対して移行するレジンアップ部の形態の付与が理想である。

Presented by Y.Maeda(歯科技工研修科 前田 祥博)

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


本の購入はこちら 医歯薬出版


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→