Graffiti of Dental Technology


Vol.21:エステニアEGコアを用いて、臼歯部フルベイクタイプにおける
ハイブリット型レジンの築盛及び形態修正の合理化を図る

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

はじめに
 エステニアC&B EGファイバーセットのEGコアは、EGファイバーを使ったフレームを製作するために用いる熱可塑性のコア材である。シリコンコアを使ったレジン築盛は数多く紹介されているが、本編ではEGコアの特徴を臼歯部フルベイクタイプにおけるハイブリット型レジンの築盛に生かしたので紹介する。



エステニアEGコアの特徴

・熱湯(約80℃)に約3分間浸漬すると軟化する熱可塑性である。

・光透過性を有するため、コアの上から光照射し仮重合を行うことができる。

・可逆性の材料であるため繰り返し使用することができる。


(1)ワックスアップとエナメル色レジン圧接用コアの製作
 エステニアEGコアをレジン圧接用コアとして用いることにより、ワックスアップした形態をそのままレジンで再現することが可能である。

 歯冠形態のワックスパターン。

 軟化したEGコアをワックスパターン及び隣在歯に圧接してエナメル色レジン圧接用コアを製作する。コアは3〜5mmの厚みをもたせ、歯冠の1/2を目安にカットする。



(4)レジン前装クラウンの完成
 最初のワックスパターンと同様の形態を回復すると共に、エナメル色とボディ色のバランスのとれた自然な色調を得ることができた。

咬合面観

頬側面観

 

Presented by K.Morii(歯科技工研修科 森井 和希)

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


本の購入はこちら 医歯薬出版


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→