Graffiti of Dental Technology


Vol.20:インプラント用個人トレーの製作
〜 オープントレーの場合〜

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

はじめに
 インプラント用個人トレーは、印象用コーピングの違いによりオープントレーとクローズトレーの2つに分けられる。 オープントレーにはスクリューによってトランスファーされる印象用コーピングを用い、クローズトレーにはスナップオン、あるいは印象面に後から戻すタイプの印象用コーピングを用いる。
  クローズトレーの印象用コーピングはインプラントの埋入方向が互いに大きく異なる場合や埋入位置の深さにより使用できない場合がある。一方、オープントレー用コーピングはこれらの制限がないうえに精度が優れているため、一般的にはオープントレーの使用頻度が高い。(*2)

 今回はオープントレーの製作の要点と手順について、ITIシステムを用いて紹介する。



製作の要点手順

オープントレー製作の要点
1)印象キャップをトレーの中に確実に取り込むこと
2)ポジショニングスクリューの頭部がトレー上面より出ていること。
3) 開口部は適度な大きさで、印象圧を逃さないこと。

synOcta 印象キャップの寸法
ポジショニングスクリューを含め15.5mmである。
個人トレーには印象用コーピングを設置した際の歯肉縁上部分の高さが必要である。

印象キャップとトレーの位置関係
 ポジショニングスクリューの頭部がトレー上面より出るくらいが良い。

 

 

Presented by T.Matsumoto(歯科技工研修科 松本 敏光)

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


本の購入はこちら 医歯薬出版


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP      NEXT→