Graffiti of Dental Technology


Vol.18 : 義歯床の辺縁形態について

  Part1 残存歯に隣接する義歯床辺縁形態を考える

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

はじめに
 義歯床の辺縁は、歯肉頬(唇)移行部におき、断面形態はコルベン状が原則である。ただし歯根膜支持型の義歯で沈下、動揺の少ない症例では、顎堤の吸収を補う程度にとどめ、辺縁を歯肉頬(唇)移行部まで延長せず、あまり尖鋭にならない程度に薄く移行させるとある。しかし、口腔内に装着されている義歯床の辺縁形態や、研磨面形態を見ると残存歯や粘膜と移行していないものや、残存歯を囲うように義歯床が長いものなどが見られる。そこで今回は、私が実践している残存歯や粘膜に移行する義歯床の辺縁形態の調整法について紹介する。

理想的な義歯床辺縁形態とは?
製作された義歯床 の移行状態
 欠損が生じて部分床義歯で補綴する時の理想的形態と問われれば、診断用模型を人工歯と義歯床に色分けて着色した下図のような形態と答えたい。
 実際の部分床義歯では、顎堤の吸収の程度や、可撤性部分床義歯では避けることの出来ないブロックアウトによって、下図のような特徴的形態を示している。

人工歯と義歯床は実質欠損を補い、残存歯や粘膜と調和する自然な形態を示している。 

 残存歯と人工歯の間にも鼓形空隙が形成され、義歯床の辺縁形態は、顎堤の吸収の影響を受けながらも調和している。


診断用模型から残存歯に隣接する義歯床辺縁形態を考える

 残存歯の歯頸部と、義歯床形態の不調和が観察できる。

 残存歯の欠損側隣接面や義歯床辺縁部の段差に食渣の停滞が懸念される。


・両隣在歯の臨床的歯冠長に比べ人工歯の歯冠長が短い

・残存歯に隣接する義歯床辺縁が残存歯を囲うように長く厚い

 この2点から義歯は残存歯及び歯槽堤と形態的な調和が得られていない


Presented by Y.Maeda(歯科技工研修科 前田 祥博)

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


本の購入はこちら 医歯薬出版


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→