Graffiti of Dental Technology


Vol 17 : 金属床義歯の金属色の透過を防ぐために

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

義歯の審美性が良くない!
ースケルトンが見える、色調が暗いー

左右の義歯を比較してみましょう
 歯槽頂付近に幅の広い補強線がありますが、人工歯、義歯床の色調に特に問題を感じません。  義歯床にスケルトンが透過しているため審美性に問題があります(赤印)。

スケルトン、メタルバッキングが色調に影響します
 スケルトンの金属色が人工歯や義歯床の明度を低くしています(赤印)。  メタルバッキング内面の金属色は人工歯の色調に大きく影響します。


金属色が人工歯や義歯床の色調に影響する
原因は? 対策は?

影響を受ける原因は?
 主因子として
 
  • メタルフレーム(スケルトン、アップライト、メタルバッキング、補強構造など)
  • 補強線
  • メタルティース
      などの金属部分が存在することです。
 
   副因子として
 
  • 人工歯を大幅に形態修正(咬合面、基底面)した場合
  • 義歯床が薄い場合
  • 透明度の高い義歯床用材料を使用した場合
     などが挙げられます。

影響を防ぐ対策は?
 審美性に影響があると思われるメタルフレームや補強線などの金属部にオペーク材を用いて金属色の遮蔽を行います。オペーク材として歯冠用硬質レジンのオペークレジンが最適です。接着処理後にオペークレジン塗布を行うとともにオペーク色の透過を緩和させる中間層の形成も必要です。中間層の形成には常温重合レジン(ピンク)を筆積み法にて築盛します。


Presented byY.Miyama(歯科技工研修科 三山善也)

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


本の購入はこちら 医歯薬出版


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→