Graffiti of Dental Technology


Vol.16:SEAL TAPEを用いて隣接面接触点を検査する

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

はじめに
 最近、「製品の品質管理」について話題になっている。歯科技工においても、「技工物の品質を管理する」という考え方を取り入れる必要があるように思える。今回は、「SEAL TAPE」(水道やガス管工事に用いるシーリング用テープ)を用いて隣接面接触点の接触状態を調べる適合検査法を紹介する。

SEAL TAPEによる適合検査法

SEAL TAPEについて

圧接のポイント

SEAL TAPE 
 材質:四フッ化エチレン樹脂(厚さ100μm)
水道管に水栓を取り付ける時など、水漏れ防止用にネジ部に巻きつけるシーリング用テープ。
 下段のテープAを引き伸ばすと上段Bのようになる。
(縦方向には伸びないが、横方向にはひも状になり10倍ほどに伸びる。)
 テープは近遠心方向に伸びるように片端を固定し、軽く張った状態で隣接面に押し付ける。全体を軽く圧すると、凹凸のある歯冠形態に容易に圧接できる。また、テープは適度に密着しており、このまま適合検査に移ることができる。

 

SEAL TAPEによる適合検査

シリコン印象材による適合検査

SEAL TAPEを隣接面に圧接した鋳造冠を歯型ごと作業模型に戻す。接触部は圧迫されて薄くなり(20μm程)、白色から透明なる。シリコン印象材と同様に接触状態を視認することができる。1回の検査に10秒とかからず、操作性も優れている。 シリコン印象材を用いた適合検査では、接触状態を明確に視認できる。しかし、術式の煩雑さやシリコン印象材のコストを考えると、日常の技工工程に組み込むにはやや難がある。

Presented by M.Ichikawa (歯科技工研修科 市川 正幸)

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


本の購入はこちら 医歯薬出版


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→