Graffiti of Dental Technology


Vol 14:隣接面形態が張り出している   

分割の間隙が狭い症例における模型製作の工夫

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

こんな経験ありませんか?」

分割した歯型が抜けない

隣在歯の隣接面形態が張り出している場合(赤丸部分)、分割した歯型が抜けないことがあります

石膏鋸で歯型を損傷させた

支台歯と隣在歯が接近して間隙が狭い場合(青線部)、石膏鋸で歯型を損傷させることがあります(青丸部分)
 

「分割した歯型脱着困難」、「石膏鋸による歯型の損傷が起きる状況とは
 1)支台歯または隣在歯が傾斜している場合
 2)支台歯と隣在歯が接近している場合
 3)最小限の歯質削除により支台歯と隣在歯の間隙が狭い場合

 上記の1)及び 2)における傾斜接近は患者自身の口腔内の環境により起こる場合がありますが、
3)については、現在の修復材料や接着技術と大いに関係があります。
 齲蝕病変部への対処法はこれまでのブラックの窩洞形成と異なるため、
支台歯と隣在歯の間隙が狭い状況は起こりやすくなります。
 以上の状況を有する症例の技工操作においては特に模型製作に考慮が必要で、今回は
隣接面形態が張り出している、分割の間隙が狭い症例における模型製作の工夫
について紹介いたします 。

Presented by Y.Miyama(歯科技工研修科 三山善也)

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


本の購入はこちら 医歯薬出版


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→