Graffiti of Dental Technology


Vol.10:あると便利な3種類の自家製ミニバフ 

画像をクリックすると、少し大きめの画像を表示します。


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

はじめに

 研磨の仕上げにバフ研磨を行ないますが、細かなところはバフを当てにくかったり、狭く奥行きのあるところはバフの形状が合わず研磨できなかったりします。もっと細かなところが研磨できるバフがあればいいのに・・・と思ったことはありませんか?そこで今回は、あると便利な3種類の自家製ミニバフを紹介します。

 


1 薄型ミニバフ

  バフが薄く小さいので

    ・細かなところの研磨ができます。

    ・研磨したい部分を選択的に研磨することができます。

    ・補綴物を引っ掛けて破損や変形をさせてしまうことがありません。

 

- 使用例 -

義歯の歯間乳頭部の研磨
インプラント上部構造の研磨
その他、鋳造冠やハイブリッドセラミックスInなどの咬合面の研磨や咬合調整後の研磨に便利です。

 

Presented by K.Sugiyama(歯科技工研修科 杉山 浩一)

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


  本の購入はこちら 医歯薬出版

 


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→