Graffiti of Dental Technology


Vol 3: 短時間・省労力で出来るボクシングと模型の取り外しについて


※ 掲載されている記事、文章、画像等を許可なく無断使用することを禁じます

 ボクシングと言えば従来からユーティリティーワックスを印象辺縁に固定していましたが、作業時間が長く、しかも印象から外れやすいなど非常にめんどうな作業でした。

 研修科では作業の効率化を実現するためにこのマルチパット(技工用多目的シリコンパテ/東京歯材社)を導入し短時間操作と正確な作業用模型の製作に効果を上げています。


マルチパットを用いたボクシングの作業時間は上顎約1分、下顎約2分。

 作業完了後も取り外して繰り返し使用ができるためムダがなく経済的である。

 歯肉頬移行部と鈎歯を破損なく正確に再現する事は、作業を進めてゆく上での大切な第一歩です。

マルチパットモデルリムーバの組み合わせで作業用模型を効率良く製作してみませんか。

Presented by T.Murata

 

「Graffiti of Dental Techology」をご覧いただきありがとうございます.

2014年3月,「即!実践 臨床技工テクニカルヒント」が発売されました.

大変申し訳ありませんが,書籍に掲載された内容は縮小させて頂くことになりましたのでご了承ください.


  本の購入はこちら 医歯薬出版


 


←BACK     △GO MENU        ▲GO TOP       NEXT→